行政書士試験 通信講座 比較 LEC ユーキャン

行政書士試験について、よくある質問・疑問をまとめました。
注意:内容の正確さには細心の注意を払っていますが、万が一、記載内容に不備等が あっても当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

■試験日はいつか?

11月の第2日曜日の午後1時から4時に行われます。平成19年度は11月11日に実施されました。


■受験申込期間は?

平成19年は8月6日(月)から9月7日(金)が受付期間でした。当日消印有効ですが、忘れず早めに申し込むのがよいと思います。


■受験資格はあるか?

受験資格について特に制限はありません。年齢・性別・学歴・国籍などに関係なく、どなたでも受験することが出来ます。ちなみに以前は高卒以上という制限がありました。

 

■受験手数料はいくらか?

受験手数料は7,000円です。受験願書の申込み期間内に郵便局の窓口で払い込みます。
また、いったん振り込んだ手数料は原則として返還されません。

 

■試験会場はどこか?

各都道府県で受けられます。数箇所の会場が設けられる都道府県もあります。受験を希望する試験地及び試験場を選択し、原則として受験願書の先着順に受け付けられます。

■合格発表はいつか?

試験の結果は1月の第5週に発表されます。合格者の受験番号が掲示板に掲示され、受験者全員に合否通知書が郵送されます。また、財団法人行政書士試験研究センターのホームページに合格者の受験番号が発表されます。

 

■受験者数と合格率はどれくらいか?

財団法人行政書士試験研究センターの発表によると過去の受験者数及び合格率は下記のとおりです。

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成8年度 43,267 36,655 2,240 6.11%
平成9年度 39,746 33,957 2,902 8.55%
平成10年度 39,291 33,408 1,956 5.85%
平成11年度 40,208 34,742 1,489 4.29%
平成12年度 51,919 44,446 3,558 8.01%
平成13年度 71,366 61,065 6,691 10.96%
平成14年度 78,826 67,040 12,894 19.23%
平成15年度 96,042 81,242 2,345 2.89%
平成16年度 93,923 78,683 4,196 5.33%
平成17年度 89,276 74,762 1,961 2.62%
合 計 643,864 546,000 40,232 -
平均(単純) 64,386 54,600 4,023 7.38%



■試験科目と出題数は?

試験科目と出題数は下記の通りです。

試験科目

内容等

行政書士の業務に
関し必要な法令等
(出題数46題)

憲法

行政法
(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする)

民法

商法

基礎法学

行政書士の業務に
関連する一般知識等
(出題数14題)

政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、
文章理解

スポンサーリンク